自分分析の初歩的な当てはめからやってみましょう。自分分析は、心を7つに分けて当てはめていきます。

 ご飯のために社会適応する自分(O)、愛や評価を貰うために良い子になる自分(N)、快楽したい自分(T)、W(自由気ままに生きたい我がままな自分)、K(人に自分の存在価値を認めさせようとする自分、ブライドの自分)、笑顔を見たい自分(S)、ふとした優しさの自分です。 それでは、実際の当てはめをやってみましょう。7つの自分の当てはめです。

 主婦A子さんは、最近、イライラとすることが多くなりました。

 O(ご飯を得るために、自分を抑えて、社会適応する自分)・・・夫は、特に問題も無く会社に勤めています。人並みには、出世もしていますので、生活の不安はありません。Oは、満たされています。

 T(快楽したい自分)・・・適当に美味しいものも食べられています。特に、不満はありません。

 N(評価や優しさが欲しい自分)・・・家事をやっていても、夫や子供達からは、当たり前という感じて、感謝をしてもらえません。これは、淋しいです。Nは満たされていません。

 W(自由気ままに生きたい自分)・・・結婚の初めから、自由気ままに生きたい気持ちは、あまりありません。むしろ、安定した家庭でありたいと思ってきましたから、Wの問題ではありません。

 K(自分の存在価値を、人に認めさそうとする自分)・・・いつも、夫や子供たちから、軽視されているように感じます。私の存在価値って、何なのかと思ってしまいます。私は、お手伝いさんでも、召使でもないのです。これには、腹が立ちます。

 S(人の笑顔を見るのが嬉しい自分)・・・夫や子供たちの笑顔を見るのは嬉しいですが、軽視されているのではないかと思うと、ムカムカします。瞬間、Sかもしれませんが、すぐに消えてしまいます。Sは、別に欲しくありません。

 当てはめてみると、A子さんは、NとKが満たされていないと言うことになります。

 評価や優しさがもらえなくて、淋しいのであれば、もっと、優しく親切にすれば良いのです。自分を捨てて、夫や子供に、つくせば良いのです。

 しかし、それは、Kが許しません。プライドが許しません。

 一方、Kを満たそうとするなら、我慢をしないで、強く出たり、自分を主張すれば良いのです。しかし、それをすれば、嫌われて、孤立と孤独になるので、怖いです。

 孤立と孤独になるのが怖ければ、おとなしく、Nをすれば良いのです。評価と優しさがもらえます。

 しかし、それでは、プライドが傷つきます。私のことを何と思っているのか、そう言いたくなります。

 しかし、それを言えば、孤立と孤独になります。それは、嫌だから、Nをすればと思うのですが、プライドが許しません。

 この繰り返しが、延々と続きます。

 どうにもできなくて、イライラします。

 KとNとの葛藤は、新型ストレスです。

 A子さんのイライラは、このネックから来るものではないかということが、当てはめから見えてきます。

 解決は、ありません。この深刻さを理解することです。

 新型ストレスには、解決の方法がないということを本当に理解できたら、かぎりなく優しい心身医学の価値がお分かりになるでしょう。

 


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM