◆あんたが悪いさん−憤慨死タイプ

あんたが悪いさん

 

(表面的な特徴)

 

 このタイプの方は、A(きびしい親)が高いので、相手に対してはかなりきびしいですね。規則や躾にうるさいほうです。しかも、B(優しい親)が低いので、きびしさが全面にでてきます。

 

 D(自由気ままな子供)が高いので、「言いたいことは言う」というタイプですから、A(きびしい親)はなおさらきびしくなります。相手にすれば、機関銃に打たれるように感じるかもしれません。

 

 正しいことを言っている場合は、正しいだけに相手にとってはこたえますし、自分の責任を逃れるための責任転嫁で攻撃している場合は、はなはだ不愉快な感じを相手に与えるでしょう。

 

 E(人の評価を気にする子供)が極端に低いので、人が自分に対してどう評価するかということは気になりません。人の不安が理解できませんので、A(きびしい親)の攻撃は容赦のないものになるかもしれません。

 

 ただ、自分自身はそんなにきびしいことを言っているとは思わないでしょう。言いたいことを言えば、後はけろっとした感じでしょう。また、思うようになっている限り、機嫌はすこぶる良いでしょう。


(対人・対自分関係)

 

 この方はA(きびしい親)が高いのが目立ちます。B(優しい親)よりもA(きびしい親)が高いから、どうしても長所よりも欠点のほうが目に入り、「あなたは間違っている」という感じをもつことになります。

 

 それからD(自由気ままな子供)が高くて、E(人の評価を気にする子供)が低いから、「私は正しい」という気持が強く、「私は正しいが、あなたは間違っている」という意識で生きていることになります。ということで、このタイプを「あんたが悪いさん」と呼びます。

 

 ご本人は何があっても人の責任に出来るので気が楽ですが、周囲の人は大変です。このタイプで図のようにAが高ければ、合理的で知的ですから、子供や部下の 失敗や欠点を指摘するのも非常に正確で徹底的です。相手はたまりません。「ぼろぞうきんさん」のようにE(人の評価を気にする子供)の高い方ですと、とこ とんまで追いつめられることでしょう。

 

 逆に、C(合理性)が低い方ですと感情的に相手を責めます。いわゆるヒステリーになってしまいます。周りの人は、当たり障らず逃げ出すほかはないでしょう。


(自滅のシナリオ)

 

 さて、この方は「不満さん」です。親からのメッセージはA(きびしい親)に入っているのでしょう。自分のやりたいことをやり、言いたいことを言うという気持の非常に強い方です。充実感がある時はいいのですが、充実感を失うと、すべて「あんたが悪いさん」になります。

 

 普段でもその傾向が強いのですから、思うようにならない、うまく行かないようになると、この傾向はますます増強してきます。おなじ「不満さん」でも、「行 け行けさん」のように、A(きびしい親)よりもB(優しい親)が高いと社会適応がいいのですが、このタイプの方は逆転していますので、社会適応能力はあま りありません。

 

 自分に反対する人には、欠点や以前の失敗を指摘して、ものを言わせなくする。言われた方は面白くないですね。実際は、本人が悪いからうまく行かないのに、 そのことは棚に上げて「おまえが悪い。おまえが間違っている」と言うのでは、腹が立ちます。人間関係が壊れます。協力者がいなくなります。

 

 するとますます思うようにならないので、ますます不満になって「あんたが悪い」と腹立ちをぶつける。こうして、自滅のシナリオに吸い込まれ、悪循環に陥り 最後の一人が居なくなるまで不満を振り回します。誰も居なくなっても、まだ自分の非が分からずに、「なぜ、みんなは来ないのだ」と一人でぶつぶつ不平を 言っているということにもなります。

 

 人に当たってばかりいる人は嫌われます。協力してくれる人がいなくなり、何事もうまく行かなくなり不満ばかり、その不満を晴らすために過食・お酒・タバコ が必要になります。人を攻撃しているので常に戦闘体制ですから、肩凝り、頭痛、慢性胃炎などという自律神経失調症になります。なかでも、タバコは必需品で す。タバコでなんとか苛立つ神経を麻痺させている、そのようなたとえがピッタリとするのもこのタイプでしょう。

 

 また、過食やお酒やタバコで病気になっても、自分が悪いとはは思えないので、どうして自分だけが病気になって苦しまなければならないのだ、と腹が立ち、医者から禁止されると、ますますお酒やタバコが必要となり憤慨死に至るということにもなりましょう。


(充実感テストとの関係)

 

 「あんたが悪いさん」は、周りから見ていると、きびしい言葉が次々と出てくるので、非常に爽やか指数が低いかと思うのですが、自分の責任は人に転嫁しますので、爽やか指数はそんなに低くはないでしょう。

 

 しかし、思うようにならないことが多くなってくるので、不快指数が高くなって来ます。「お天気さん」、さらに「不快さん」になってくるでしょう。後で説明する「仮面さん」になっている「あんたが悪いさん」では、「仮面さん」の特徴である「無感動さん」になるでしょう。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM